脳梗塞への対策はサプリがおすすめ!これで血液サラサラに

脳梗塞とうつ病について

 

脳梗塞とうつ病って関係があるのって思った方もいるかもしれませんが、実な脳梗塞後にうつ病を引き起こしてしまうということは珍しい事ではありません。そもそも脳梗塞は脳が発症元となりますので、感情に関係する脳の部分になんらかの影響があるとうつに陥ってしまうことが多いです。

 

また、脳梗塞の後遺症によって体が思うように動かないということでストレスや後ろ向きな気持ちが続くとうつ病を引き起こしてしまいます。

 

この脳梗塞後のうつ病について初期症状がありますが、それはやる気がなかったり気力がなかったりするというものですが、うつ病が悪くなると最悪命を絶ってしまうということもありますので、周りがサポートしていって本人の不安を出来る限り軽減するということが大事になります。

 

そもそも、うつ病になってやる気がなくなってしまうとリハビリなども積極的に行わなくなってしまい、後遺症も回復するということは難しくなります。そうならない為にもうつ病になるまえにとにかくやる気がある内にリハビリなどの治療をするということが大事になります。

 

また家族などがちゃんと話をする時間などをつくってあげるだけでもかなり変わってきます。どうしても一人の時間が長くなることで不安などが襲ってきてしまうということが多いので時間に余裕がある限り、心のリハビリをしてあげましょう。脳梗塞で後遺症が残ってしまうと一気に生活環境が変わってしまうので本人の気持ちを汲んで接することが大切です。

 

 

脳梗塞について知っておくべきこと

 

脳梗塞はいつ誰がなってもおかしくないものですので予防のためにも是非知っておいて貰いたいことを紹介します。まず、脳梗塞というのはどのような病気なのかという事を覚えておきましょう。

 

に関係するということはわかると思いますが、どういう風に引き起こされるのかということまで知っておくといいでしょう。病気の詳細を知ったらどういう人が引き起こされるリスクが高いのかを知っておきましょう。誰にでも可能性があるとはいってもリスクの差はあります。

 

また、リスクが高いと気付けば早めに予防の方法などのことについても考えられることができますので知っておいて損はありません。また、脳梗塞になったら突然倒れたりするのかというとそうではありません。実は脳梗塞が引き起こされる際の兆候や症状があるのでしっかりと把握しておくことが大切です。

 

この内容をしっているのとしらないのとでは大きく違ってきます。もし脳梗塞になってしまったらどういった検査をするのか、そしてどういった治療をされるのかということを覚えておきましょう。

 

そして治療だけではなく、脳梗塞の場合は後遺症のことも考えなければいけません。どういった後遺症が残るのかということも事前に知っておくと心の準備にも繋がります。

 

このように脳梗塞について最低限知っておくことで、もし急に引き起こされた場合でも対応することが可能になります。出来る限り早めに発見することで後遺症についても差がでてきますので知っておくことが大切です。

 

脳梗塞の種類は?原因は?

 

まずは脳梗塞の原因についてですが、そもそも脳梗塞というのは血管が細くなったり詰まったりすることで血液の流れが妨げられることで酸素や栄養が脳に行き届かなくなるという病気になります。

 

ではどうしてそのようなことになるのかという原因についてですが、まず動脈硬化によって血栓が出来て血管が詰まってしまうというものがあります。この場合はゆっくりと症状が進行していきますので気付くのが遅くなる可能性があります。

 

主観動脈に閉塞があって血流が悪くなって引き起こされる脳梗塞があります。症状としては急な血圧低下による貧血、また脱水症状などもありますので気をつけましょう。そして心臓の不整脈を持っている人は血栓が出来やすく脳梗塞に陥るという場合があります。重症になる場合が多いので気をつけましょう。

 

では脳梗塞の種類ですが、大きく3つに分けられます。まず一つはラクナ梗塞というもので細い脳血管が詰まって引き起こされます。高血圧によって引き起こされることが多く日本人に多く見られる脳梗塞になります。症状が出にくいので検査をしてはじめてわかるという場合もあります。

 

次にアテローム血栓性脳梗塞ですが、これは血栓によって引き起こされる脳梗塞といわれており悪玉コレステロールが原因である事が多いです。つまり生活習慣の悪さによって引き起こされる脳梗塞です。

 

最後が心原性脳塞栓という心臓の血栓が脳の太い血栓を詰まらせるもので不整脈や拡張型心筋症などによって引き起こされます。

 

水分補給をして脳梗塞を予防

 

ただ水分補給をするだけではなく、正しい水分補給をすることで脳梗塞の予防になります。どういった方法なのかを把握しておきましょう。

 

そもそも、水分補給と脳梗塞にどういった関係があるのかというところですが、体内から水分が減少して脱水症状になると血液がドロドロになり、それによって血管が詰まりやすくなります。つまりきちんと水分補給をすれば血液も流れやすくなって脳梗塞の予防になるということです。

 

さらに脳梗塞だけではなく熱中症・心筋梗塞・低血圧症状・免疫不良なども改善します。では、正しい水分補給の方法となりますがとにかくマメに摂取するということが大事になります。喉が渇いたから水分補給をするというのではなく、定期的に水分補給をするということが大切です。

 

特に寝る前やおきてすぐ、お風呂に入る前と上がった後は水分補給を積極的に行いましょう。また、摂取量に関してですが、1日に2L前後といわれておりますが、それを飲まないといけないというわけではなく、食事からも摂取しているので飲む分は定期的にコップ1杯程度で問題ありません。

 

あまり飲みすぎると中毒症状に陥ってしまいますので気をつけてください。そして最後に飲む水分に関してですが、水を摂取するのが一番です。ジュースやコーヒーなどで水分補給をしても余計な成分が含まれているので出来る限り水、またはお茶などにしましょう。

 

冬場も乾燥していますし、夏も汗で排出されますので常にこまめに水分補給は欠かさないようにしてください。こちらも参考に予防しよう!脳梗塞予防サプリ!おすすめ一覧

 

脳とアルツハイマーの関係

 

MRIやCTなどで画像として脳の状態を調べることができるようになったことで、最近はアルツハイマーになっているかどうかをこれまでよりスムーズに診断できるようになってきています。

 

ただ、アルツハイマーと酷似している病気の症状もあるのです。正常圧水頭症と言われる病気で、この病気は稀ではあるのですが、アルツハイマーの症状と似ていることから誤って診断されてしまうということもあります。

 

認知症の症状と同じようなもので、記憶障害になってしまったりすることもあるのですが、この他にも、普通の歩幅で歩くことができないなどといった症状もあります。ただし、正常圧水頭症の場合は、ちゃんと治療をすれば完治することも可能になっています。

 

現在、認知症を発症している人が多くなったことから、間違った診断をされてしまうということも少なくなりつつあるのですが、病院の診断に不審点があるのであれば、他の病院で調べてもらうことも検討してみるといいでしょう。認知症も脳の検査を受けることで、だいたい認知症になっているかどうかをアルツハイマー DHAで調べることができるようになっています。

 

アルツハイマーを発症してしまった場合、手の施しようがないという印象を持っている人もいるかと思います。ですが、生活習慣を改善したり、周りの人がどのようにコミュニケーションをとっていくかを考えるようにしたり、ちゃんとした治療をすれば、進行を食い止めていくことも不可能ではありません。

 

また、アルツハイマーになってしまっているということは、脳が壊れてしまっているという印象を持っている人もいます。確かに大脳の一部は破壊されてしまいますが、感情などまで失ってしまうというわけではありません。

 

周りの人と考えていることが一致しないことによって摩擦が生じてしまったり、苦悩をしてしまうようになってしまい、問題行動を起こすようになってしまうケースも多いです。ですので、アルツハイマーで意味不明なことを言ってしまっているとしても、その人の感情を組んであげるようにすることも大切なのです。

 

男性ホルモンや女性ホルモンの材料であるコレステロール

 

コレステロールは悪いものであると思われがちですが、体を構築しているものの重要な素材の一つです。脂肪は、【脂肪酸】【中性脂肪】【コレステロール】【リン酸】の4種類に分けることができます。皮下脂肪や内臓脂肪は、中性脂肪であり、エネルギーに変わるときに脂肪は遊離脂肪酸となります。

 

その、遊離脂肪酸は脂肪酸の一つです。リン酸は、細胞膜などを作ります。コレステロールも細胞膜の材料になります。それらは重要なホルモンの生成にも欠かすことができません。

 

ホルモンには、男性ホルモンと女性ホルモンがあります。男性ホルモンは、副腎や睾丸から作られ、主な働きは、タンパク質を使い、内蔵・筋肉などの生成を手助け、皮脂の分泌、体毛の発育を促し、さらには性欲を高める働きもあります。

 

女性ホルモンは生理や妊娠、髪や肌のツヤ、自律神経を安定させるなどの働きがあります。驚くべきことに、女性は男性ホルモンが男性の約10倍以上も多いのです。

 

なぜなら、ホルモンはコレステロール→DHEA→ANDという工程を経て、まず男性ホルモン(テストステロン)になり、それから女性ホルモン(エストラジオール)になるからです。

 

その他にも、ホルモンには疲労回復、治癒能力を高めたり、成長を促す成長ホルモン、肌のツヤを出すなどの助けをする甲状腺ホルモンなどがあります。これらの重要なホルモンには、コレステロールが深く関わっています。ですから、脂質は取り過ぎは良くないですが、LDLコレステロール下げるサプリなどで減らしすぎると体に悪影響が出る可能性があるのでバランスを考え脂質も摂取する必要があります。

 

 

更新履歴